県政フラッシュ

九州芸文館来館者数40万人突破

10月1日、筑後市の県営筑後広域公園にある「九州芸文館」の来館者数が40万人を突破し、40万人目の来館者に、館長から記念品と花束が贈呈されました。九州芸文館では、まちづくり関連の団体などとも連携を図りながら、筑後地域に根付いた文化交流拠点として、これからもさまざまなイベントや活動を行っていきます。

文化振興課
☎092-643-3346 ファクス092-643-3347

「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会」まであと2年!

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会まで2年を切った10月28日、試合会場の一つ、東平尾公園博多の森球技場で日本代表対世界選抜戦が行われ、1万人を超える観客が熱い声援を送りました。この試合に合わせ、ファンゾーンの設置などの本番を見据えた取り組みのほか、ラグビーワールドカップの優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」のお披露目も行われました。

ラグビーワールドカップ2019福岡開催推進委員会事務局
☎092-643-7613 ファクス092-632-2011

伝統工芸品で被災地復興

10月7日から3日間、「小石原焼 民陶むら祭」が東峰村で開催され、小石原地区を中心に点在する約50の窯元には、祭りに合わせて窯出しされた小石原焼と高取焼が並びました。また、小石原焼の小皿と新米おにぎりセットの販売やフリーカップの絵付け体験などのイベントも行われ、被災地の復興を応援しようと、例年に増して多くの陶器ファンでにぎわいました。

観光政策課
☎092-643-3454 ファクス092-643-3431

「秋王(あきおう)」を知事がPR

県が開発した甘柿「秋王」のおいしさを知っていただくため、10月31日、小川知事が福岡市中央卸売市場でトップセールスを行いました。知事は「糖度が高く、サクサクとした食感で、種がほとんどない『秋王』を、一人でも多くの皆さんに召し上がってほしい」と市場関係者に試食品を手渡し、その魅力をPRしました。

園芸振興課
☎092-643-3487 ファクス092-643-3490

福岡のおいしいものが大集合!

県内の町や村から、自慢の特産品などを一堂に集めた「ふくおか町村フェア」が10月14日、15日の2日間、福岡市で開催されました。会場には、旬の味覚が味わえる農産物や工芸品など町村の魅力にあふれた品々が並んだほか、九州北部豪雨の被災地を応援するブースも設置され、義援金の募集や売り上げ金を全額寄付する「町村特産品袋」が販売されました。

広域地域振興課
☎092-643-3180 ファクス092-643-3164

ねんりんスポーツ・文化祭

「ねんりんスポーツ・文化祭」は、はつらつとした高齢社会を築くことを目的に毎年開催している、約14万人が参加する本県最大規模の高齢者のイベントです。
 11月11日、北九州市で開催されたメインイベントでは、合唱フェスティバル、おじいちゃん・おばあちゃんの絵コンクール、スポーツ・レクリエーション体験などが行われ、多くの人でにぎわいました。

スポーツ振興課
☎092-643-3407 ファクス092-643-3408

このマークがあるものは「ふくおかインターネットテレビ
(http://webtv.pref.fukuoka.lg.jp)」で動画を配信しています。